SOFTBANKの 2013~2014年 冬春モデルの発表。 国産スマートフォンの人気モデルと、二つ折り携帯も新作

 SOFTBANKの 2013-14年 冬春モデルの発表が行われました

今日は、新型のスマートフォンをあなたにお届けします

■ ソフトバンク発表会の様子

9月30日 発表会が行われました

発表モデルは 全部で6機種

 内訳は、スマートフォン3機種、携帯電話2機種
ポケットWi-fiと、スマート体組織計が新しく発表されました


■ 新型のラインナップ 


 スマートフォンは、全機種が、国産機種になっています

 注目点は、頂点モデルである、アクオスフォーンのXx302SHとミニ。ARROWS A。

二つ折り携帯も発売され、人気のシャープと、パナソニック製が登場します。

 面白いのは、スマート体組織計。
セイコー製で、携帯回線を使って、データをクラウドに送信し、
スマートフォンから、健康管理が出来ます。


 今回発表された、新型の
各機種の特長を、簡単に紹介します


■ スマートフォン部門


機種名(メーカー) 発売時期 特長

・AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) 302SH(シャープ製)
12月上旬以降

 世界初、3辺狭額縁設計で、画面占有率が80.5%となります。5.2インチフルHD液晶搭載
カメラをかざすと、英語から日本語へ変換する「翻訳ファインダー」も搭載。
大容量バッテリー、2.2GHzクアッドコアCPU、「Hybrid 4G LTE」対応


・AQUOS PHONE Xx mini 303SH (シャープ製)
4.5インチスマホで世界最小サイズを実現 世界最高487ppiの画素密度IGZO液晶搭載 F値1.91,310万画素カメラ、「翻訳ファインダー」を搭載「Hybrid 4G LTE」にも対応するなどコンパクトサイズながら機能も充実 2014年
2月下旬以降

・ARROWS A(エース) 301F (富士通モバイルコミュニケーションズ製)
12月上旬以降

5.0インチフルHD液晶
10分の充電で一日使用できる超急速充電を搭載。外出前に短時間充電するだけで安心。 富士通独自の「スマート指紋センサー」、2.2GHzクアッドコアCPU搭載、「Hybrid 4G LTE」


■ 携帯電話

従来型の二つ折り携帯も、しっかり登場。
防水が嬉しい。

・THE PREMIUM10 WATERPROOF 301SH(シャープ製)
11月下旬以降

落ち着いた色づかいの携帯。1,210万画素の裏面照射型CMOSカメラを搭載し、防水と防じん対応。
「プラチナバンド」緊急速報メール、ワンセグやBluetooth、おサイフケータイ対応

・COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P (パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)
2014年1月下旬以降

選べる8色のカラーバリエーション 防水・防じん対応。3.4インチ フルワイドVGA液晶
相手の声が聞き取りやすい「ゆったりトーク」「しっかりトーク」、510万画素カメラ

■ その他

・Pocket WiFi 301HW(Huawei製)
12月以降

モバイルWi-Fiルーター。 2.5GHz帯の「SoftBank 4G」、1.5GHz帯の「ULTRA SPEED」に加え、イー・モバイルの1.7GHz帯も利用可能
イー・モバイルを合併吸収した効果が出ています。

タッチパネル式のカラーディスプレー搭載で、簡単に操作が可能 2013年

・スマート体組成計 301SI(セイコーインスツル製)
2014年2月中旬以降

3G通信機能を持ち、クラウドにデータ送信し、スマートフォンで健康管理が出来る、体組織計。



■ 関連記事


・2013-14年冬春商戦向け新商品について
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2013/20130930_03/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック