docomo 災害時の伝言板、音声サービス体験を提供 3月内 (毎月1、15日も体験可能)



 こんにちは。

docomoが、災害時の連絡方法、安否確認用として
提供しているサービスが体験できます。

また、スマートフォン向けに「災害用キット」の提供も開始されました
 
 災害に備えて、扱い方を学んでおきましょう。


■ docomo 災害対策

 docomoが 災害時に提供するサービス。
 「災害用音声お届けサービス」と 「災害用伝言板音声サービス」

3月末まで、体験できるようになっています

 提供期間: 3月31日まで

また、毎月1、15日も体験可能です。


■ サービスの内容

1 災害用音声お届けサービス



新しいサービスです
電話がつながりにくい時も、メッセージを届けられる

音声を録音して送信すると、→メールする 相手に、メッセージが届いたことが、SMSで お知らせされます、

◆ 対応機種: スマートフォン、一部のiモード搭載携帯から利用可能。

メッセージの送信

AndroidTM OS 2.2以降のスマートフォン1
2011-2012冬春モデルのiモード対応端末)

受信

メッセージの受信
AndroidTM OS搭載のスマートフォン(一部機種を除く)
iモード対応端末(一部機種4を除く)


詳細 http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/disaster_voice/index.html


2 災害用伝言板音声サービス

安否確認が、携帯電話やスマートフォン、PCから伝言板をつかって利用可能

◆ URL
(日本語版)http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

(英語版) http://dengon.docomo.ne.jp/Etop.cgi




 災害時に、対象地域で使用可能
安否情報の連絡、メッセージの登録が可能。

メッセージを登録すると、メールが登録しておいたメールアドレス(5件まで)に送信されます


詳細 http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/disaster_board/index.html


◆ スマートフォン向け「災害用キット」提供

  「災害用音声お届けサービス」と 「災害用伝言板音声サービス」が
スマートフォンでも利用できるきっとです。

[ダウンロード方法] dメニュー>災害用音声お届けサービス docomo災害用キット



■ アンドロジーナより

 非常時には、連絡できることが、大きな安心を生み出してくれます

 携帯や、スマートフォンで使えるように
普段から、練習して備えておきましょう


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック